HOME > 埋める歯インレー

埋める歯インレー

インレー

インレー

奥歯の虫歯が大きかったり、歯と歯の間に虫歯があるときによく用いられる治療法です。
主に、虫歯部分を削った後に空いた穴部分の型をとり、歯科技工士が詰めもの(インレー)を作ります。
詰めものにも、保険の適用する銀素材やレジン素材(プラスチック)のものがあったり、保険の適用されない金素材または、汚れのつきにくいセラミックと呼ばれる陶器素材のもがあったりなど様々です。
当院では、金属アレルギーの対策の一つとして長期でお使いいただけるセラミック素材のものをお勧めさせていただいております。

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーとは、詰め物のなかでも身体への親和性や耐久性、審美性に優れた素材の詰め物で、長期間使用しても変色がほとんどないのが特徴です。また、セラミック素材であるため、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使用できます。治療のための通院は、2回で完了します。

ハイブリットセラミックインレー

ハイブリットインレー

ハイブリットセラミックとは、レジンと呼ばれるプラスチックとセラミックの粒子を混ぜ合わせて作られた素材で、治療にかかる費用はセラミックよりも安価になります。
素材の性質は、硬すぎず・柔らかすぎず、ある程度の強度もあり、銀の詰め物に比べると変色がほとんどありません。
当院でも、金属アレルギーの疑いのある患者様、または金属アレルギーと診断された患者様に特にお勧めしている素材のものです。
お値段も高すぎるわけではありませんので、まずは無料カウンセリングを受けてください。